カテゴリー別アーカイブ: 未分類

グレープフルーツで中性脂肪対策?

今日のテーマはグレープフルーツと中性脂肪の関係。

グレープフルーツダイエットって聞いたことありませんか?これって根拠があるのかな?噂程度の情報なのかな?

絶賛中性脂肪対策中の私にとっては、興味津々のテーマ。

なにせ、フルーツは大好き。よく食べます。でも、フルーツに含まれる果糖は中性脂肪の原因にもなるので、食べる量とタイミングには注意しています。

でも、好きなのでやっぱり食べたい。

もし、グレープフルーツが中性脂肪対策に有効ならば、我が家の定番フルーツとして仲間入りしてほしい!!

という事で今日はグレープフルーツがテーマです。

【グレープフルーツで中性脂肪は減少するのか?】

グレープフルーツに含まれる成分が、中性脂肪やコレステロール減少に役立つと聞きます。これは本当なのでしょうか?

役立つ成分とは何なのか、また、効果的な食べ方についてご紹介します。

《中性脂肪と体脂肪、病気の関係》

中性脂肪とは、食品に含まれる油脂であり、それが食事を通して体内に入ると燃焼され、活動エネルギーとなります。

しかし、油脂成分の多い食事の摂取や、暴飲暴食により過剰に摂取した場合は体内に蓄積され、やがて内臓や皮下に蓄積される体脂肪となります。

これが、動脈硬化や肥満などの健康問題にも発展します。

これが中性脂肪と体脂肪、病気の関係です。

では、グレープフルーツはどのように中性脂肪に効果を発揮してくれるのでしょうか?

《グレープフルーツの効果》

グレープフルーツに含まれる多くの成分が中性脂肪対策に効果を発揮してくれます。ここではそれらについて詳しく説明します。

(イノシトール)

イノシトールはビタミンの一種です。血管内の脂肪・コレステロールの代謝を促します。

(ペクチン)

ペクチンは食物繊維の一種です。食物繊維は血液中のコレステロールを減少させる働きの他、腸内で吸収した過剰な中性脂肪を絡め取り、体内への吸収を防ぐ働きがあります。また、腸内環境を調える働きもあります。

(リコピン)

リコピンは抗酸化作用のある成分で、赤味を帯びたグレープフルーツの色素成分がリコピンです。

強力な抗酸化作用をもつリコピンにより、体内の活性酸素が除去されます。結果、脂肪の付きにくい身体となります。

(ナリンギン)

ナリンギンには血液中に含まれる脂肪酸を分解する作用があります。ナリンギンはポリフェノールの一種で、血液中の脂肪酸を分解する作用があり、グレープフルーツの果皮付近に含まれています。

グレープフルーツを食べた時の苦みのような、ちょっとピリピリする刺激がこのナリンギンの成分によるものです。

(ヌートカトン)

ヌートカトンは交感神経を優位にする働きがあります。リモネン同様、果皮に含まれているため、直接体内に摂取しないのが一般的です。

ヌートカトンの香り成分が、交感神経を優位にする事で、脂肪燃焼に必要なUCP(脱共役タンパク質)という成分が体内で生成されます。

(リモネン)

リモネンには副交感神経を優位にする働きがあります。

果皮に含まれているため、通常は直接体内に摂取するわけではありませんが、この香り成分が副交感神経を優位する事でリラックス効果・血流促進の効果が期待できます。

《グレープフルーツの効果的な取り入れ方》

(食べ方)

内皮ごとよく噛んで食べます。とはいえ内皮はすこし固かったり、苦いといった理由で食べにく場合には、果肉だけでも効果を得られます。

大切なのは、そのまま食べる事。グレープフルーツに砂糖やはちみつなどをかけて食べるのはスタンダードな食べ方ですが、これでは当分の過剰摂取となります。

グレープフルーツを頂くときには、なもにつけずに果肉をそのまま頂きましょう。絞ってフレッシュジュースで頂くのも良いですね。

(一日に食べる個数)

最も効果的な食べ方は、食前に1個を、できれば毎食前にいただきましょう。しかし、外出先での食事の場合など、毎食欠かさず食事の前にというのは案外難しいです。その場合は、1日3回を2回にしても効果は得られます。

(食べる前に)

食べる前に香りをかぐなどで、果皮に含まれる成分の効果も存分に取り入れましょう。

(100%ジュースには注意!!)

パックのジュースで代用するというのはよく聞く方法なのですが、これはお勧めできません。

100%ジュースと聞くと安心感がありますが、実はそうでもないのです。代表的な100%ジュース2種類。濃縮還元タイプとストレートタイプ。

比較的安価なのが濃縮還元タイプ。このタイプには果糖が豊富に含まれているため、中性脂肪対策には逆効果です。

ストレートタイプであれば、しぼりたてをそのままパッケージにした物が多く、比較的安心です。しかし、全てがそうとは言い切れない現状もありますので、グレープフルーツの効果を実感するためには、避けたほうが賢明だと言えます。

食前にどうしてもグレープフルーツジュースを摂取したい場合には、フレッシュフルーツを目の前で絞ってジュースにしてくれる、正真正銘の100%ジュースを提供してくれるジューススタンドなどの活用をお勧めします。

【まとめ】

目中性脂肪や悪玉コレステロールの増加は、放置すると深刻な健康問題に発展します。

グレープフルーツには、中性脂肪の原料となるコレステロールや脂肪分がほとんど含まれていない上に、とても低カロリー。

また、食す部分だけではなく、果皮にまで体に良い成分が含まれているとても優秀な食品です。

美味しくてその香りまでが優秀なグレープフルーツ。中性脂肪対策に積極的にとり入れたい食材ですね。

出典:【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

乳酸菌による酵素生成とダイエット

shutterstock_295119902

ここ最近、私の近所の薬店にて酵素関連の商品が陳列されるようになりました。様々なパッケージの中に入っている商品が陳列されている訳ですが、いわゆる「なかった事に」等とアピールされている事が多いですね。

酵素関連の商品は、ダイエットの効果が見込めるようです。新陳代謝などを促してくれる事により、ダイエットが促進されるのではないでしょうか。体内での脂肪燃焼が促進されれば、ダイエットも進みやすくなるものだからです。

ところで私たちが生きているためには、当然ながら様々な食材が必要になります。そして人によっては、ちょっと脂肪分が多いものを摂取してしまう事もあるのです。いわゆる肉類などは少々脂肪分も多めになりますが、うっかりそれを食べてしまう事もあるでしょう。

前述のなかった事にというキャッチフレーズは、肉類の摂取などに関わってきます。たとえ肉類を摂取したとしても、その酵素関連の商品を摂取すれば、基本的には新陳代謝が促進されることになるのです。それで肉類による脂肪類の摂取も、なかった事にできる訳ですね。ですのでダイエットを検討している方などは、しばしば酵素を検討しているのですが。

腸内での酵素生成を促してくれる乳酸菌

shutterstock_461802637

ところで酵素は、実は私達のお腹の中でも作られています。上記のようなパッケージ製品の中にも酵素が入っているのですが、私たちが生まれつき作り出しているタイプの酵素もあるのですね。

そして酵素の生成が促されるか否かは、腸内環境と大きく関わってきます。お腹の中の環境が健やかであれば、酵素は作られやすくなるのですが、環境が悪くなっていると作られづらくなってしまいます。ですのでダイエットを考えているなら、ちょっとお腹の環境を整える事も必要ですね。

このため減量を心がけている方などは、しばしば乳酸菌に着目しています。ヨーグルトと聞くと、腸内環境をイメージなさる方も多いと思います。乳酸菌のサプリなども、腸内環境を整えてくれる効果があるのですね。もちろん乳酸菌のサプリがお腹の環境を良くしてくれれば、それだけ体内にて効率的に酵素が作られるようになるでしょう。

実際乳酸菌のサプリに対する口コミを見ますと、ダイエットに成功している事例もしばしば見られます。相当な程度までお腹が膨らんでいた方が、乳酸菌のサプリで減量に成功している事例も見られるのですね。

ダイエットを心がけるとなると、いわゆる運動などが代表的な方法になります。それに加えて乳酸菌のサプリを摂取すれば、運動の効果も高まるのではないでしょうか。

乳酸菌のサイトはこちら

みんなの腸内フローラ

オリゴ糖を含む野菜類を意識して乳酸菌の効果を高める

shutterstock_340210601

私たちのお腹の環境を整えるとなると、乳酸菌が一つのポイントになります。その菌類は、お腹の調子を整えてくれる事が大変多いのですね。

現にそれは、ヨーグルトや乳酸菌サプリの口コミによって証明されています。楽天など用いてそれらの商品の口コミを確認してみると、いかに多くの方々の便秘が改善されているかを実感できるでしょう。

餌によって活躍できる乳酸菌

ところで乳酸菌が活躍できるか否かは、栄養分に左右される一面があります。なぜならその菌類に対する栄養分を補給する事も必要だからです。

思えば私たち人間が生きていくためにも、もちろん栄養分が必要になるでしょう。栄養分が皆無では、当然生きていくのは難しいですね。

そして乳酸菌の場合は、総じてオリゴ糖が大きなポイントになります。もともと人間のお腹の中には、乳酸菌などは生息しているのです。ですのでオリゴ糖などを服用してあげると、お腹の中の乳酸菌に対してエサをあげる事ができます。それで乳酸菌が活躍しやすくなり、お腹が健やかになる事例も多々あるのです。

それが理由なのか、多くの乳酸菌サプリの中には、オリゴ糖も含まれていますね。腸内の中の乳酸菌が活躍しやすくなるために、敢えてそれを配合しているのだと察します。

サプリの効果を高めるための主な野菜類やオリゴ糖

ではオリゴ糖をどうやって入手すれば良いかと申しますと、まずはドラッグストアが挙げられます。一部の薬店では、粉末状のオリゴ糖などは販売されているのですね。

ただ粉末のオリゴ糖を摂取するのも、少々きついものがあるでしょう。それよりも、むしろ食品から摂取する方が自然だと思います。普段の食生活において、オリゴ糖が多く含まれている食品を使ってあげれば、お腹の中で乳酸菌が活躍しやすくなると思われるのです。

具体的に申し上げると、まず玉ねぎやキャベツですね。数ある野菜の中でも、オリゴ糖の含有率は比較的高めだそうです。それと大豆類の中にも、案外と多くのオリゴ糖が含まれています。ですので普段の食生活で、玉ねぎやキャベツや大豆などを積極的に摂取するよう心がければ、だいぶお腹の環境も変わるのではないでしょうか。

特に普段から乳酸菌のサプリを服用している方にとっては、それは大事だと思います。乳酸菌のサプリだけでも十分に効果を発揮してくれるとは思います。しかしその乳酸菌に対してエサを与えてあげれば、さらにサプリの効果も高まるのではないでしょうか。両者を併用する事が大切なのですね。

食欲不振とダイエットに関する悩みを覚えている方の事例と乳酸菌

お腹の調子に問題がある方々は、たまに食欲に関する悩みを覚えています。なぜなら人によっては、ちょっと食欲が不振になっている事があるのです。

実際先日も、ある女性の方がちょっと食欲不振になっていらっしゃいました。それで知恵袋で悩みを投稿していらっしゃったのですが、ダイエットも考えているようです。

食欲が少々不振でダイエットを検討している

shutterstock_160203056

お腹の具合が余り良くない方は、食欲に関する問題点を抱えている事も多いですね。内科などに行きますと、必ずと言って良いほど食欲に関する質問をされます。お腹の具合が余り良くないので病院に行くと、「食欲はありますか」等と質問される事が非常に多いのです。あれはお腹の調子を推察するために、質問しているのですね。

それで上記の知恵袋に投稿をしていた方もその食欲が少々不振だった訳ですが、ついでにダイエットを考えていらっしゃるそうです。食欲が不振なのであれば、ダイエットも進むのではないかと思い込んでいらっしゃる訳ですね。

私は個人的には、食欲不振をきっかけにダイエットをするのは、余り体に良くないと考えます。それよりも、むしろ乳酸菌のサプリなどを用いる方が、より健全なダイエットができると思うのです。

食欲とダイエットに関するメリットがある乳酸菌

shutterstock_369674552

まず上記の方の場合は、やはりお腹に何かの問題が生じていると思います。食欲が無い以上は、腸内環境に何らかの問題が生じていても不思議はないのですね。

そしてその問題点は、乳酸菌で解消されるケースが多々あります。お腹の中にある老廃物のデトックスなど促進してくれるのが乳酸菌ですし、善玉菌などを増加してくれる効能も見込めるのですね。ですので乳酸菌を摂取してみると、恐らく食欲不振の問題点は解消されるのではないでしょうか。

それともう1つのダイエットなのですが、実は乳酸菌はそれと大きな関係があります。というのもその菌類を摂取している方々は、しばしばダイエットに成功しているのです。
ダイエットは、新陳代謝などと大きな関係があります。体の代謝が促進されれば、それだけ体脂肪率も減少する傾向があるのです。また乳酸菌によってデトックスが促進されれば、それだけお腹の中に蓄積されている物も外に出やすくなりますので、ぽっこりお腹が引っ込む事例も見られます。

そして上記の方の場合は減量を望んでいる訳ですから、やはり乳酸菌のサプリなどはぴったりではないでしょうか。食欲不振とダイエット促進という2つの意味で、上記の方には乳酸菌がおすすめです。

乳酸菌はりんご酢などと一緒に摂取をしても問題は無いのか

乳酸菌を摂取しようと考えている方は、たまに組み合わせを心配しています。というのも人によっては、複数の物を摂取しようと考えているのですね。組み合わせ次第では、ネガティブな症状が発生するのではないかと、不安になっている方も見られるのです。

乳酸菌とリンゴ酢は一緒に使っても問題ないのか

shutterstock_151513970

例えば以前に、知恵袋で次のような不安を書き込んでいる方が居たのです。乳酸菌とリンゴ酢に関する不安です。

その方は、恐らくお通じでお悩みなのでしょう。りんご酢というのは、お通じ改善が見込める食材の一つですね。主に便通を整えてくれる効果が見込めるのですが、りんご酢を摂取するとそれが解消される事例も見られます。

それと上記の投稿者の方は、乳酸菌を併用しようと考えているのですね。その菌類は、お通じ改善の効果が見込めるからです。乳酸菌のサプリに対する口コミなどを見ても、お通じが改善されているケースが多々見られますね。

それで上記の方は、乳酸菌とリンゴ酢を併用しようと考えていらっしゃいます。ただ問題は、その組み合わせなのですね。いわゆる飲み合わせの問題などがありますので、果たして併用して問題ないかどうかが心配なのだそうです。それで知恵袋で、その不安に関する投稿を質問していらっしゃいました。

抗生物質以外と組み合わせる分には問題ない

shutterstock_15328672

上記のように質問をしている方は、たまに見られますね。確かに薬などには、飲み合わせの問題があります。組み合わせ次第ではネガティブな症状が発生する事もあるので、上記の方の気持ちもよく分かりますね。

結論から申し上げれば、りんご酢と乳酸菌の組み合わせは特に問題ありません。いわゆるバッティングが発生する事はないので、組み合わせてみても良いのではないでしょうか。

乳酸菌を摂取するとなると、一番気をつけなければいけないのが抗生物質ですね。病院などからその物質が処方される訳ですが、残念ながらそれには殺菌効果があります。抗生物質が乳酸菌を殺傷してしまいますので、後者の菌類の力が薄れてしまう訳です。

ですので抗生物質と乳酸菌は、いわゆる飲み合わせが発生する事になります。その2つは、同時に摂取しない方が無難でしょう。

それ以外の組み合わせであれば、特に問題ないと考えられます。基本的に乳酸菌のサプリは、飲み合わせは発生しづらいタイプなのですね。
ただどうしても心配な方も、中にはいらっしゃると思います。その時には、やはり薬剤師に相談するのが一番無難だと思います。もしくはサプリの販売会社に対して、問い合わせてみても良いでしょう。